2012年ホントにこんなことが起こったら・・・ - 『カスの書籍』

『カスの書籍』 ホーム » スポンサー広告 » 2012年地球滅亡説 » 2012年ホントにこんなことが起こったら・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年ホントにこんなことが起こったら・・・

2012

映画『2012』

太陽の活動が活発化し、地球の核が熱せられた結果、
3年後に世界は終わりを迎える―。

この驚愕の事実をいち早く察知した地質学者エイドリアンは、
すぐに米大統領 主席補佐官に報告。

やがて世界各国の首脳と一握りの富裕層にのみ事実が知らされ、
人類を存続させる一大プロジェクトが極秘に開始される。

そして2012年。

売れない作家のジャクソンは、子供たちとキャンプにやってきたイエローストーン国立公園で、
政府の奇妙な動きを目撃。世界に滅亡が迫っていることを、偶然知ってしまう…。





2012

『インデペンデンス・デイ』『デイ・アフター・トゥモロー』のローランド・エメリッヒ監督が放つ、
ディザスター・ムービー超大作。

古代マヤ人が残した暦がそこで途切れていることから、
「世界終末の日」だと囁かれてきた2012年12月21日。

あと3年足らずで地球が滅亡するというシナリオを、圧倒的なVFXで描いています。

かつてない規模の地震、噴火、津波・・・。
あらゆる天変地異が世界各地に次々と襲い掛かり、
もはや地球上に逃げ場はない。
なかでも大都市ロサンゼルスが、あっという間に崩れ落ちるシーンは圧巻です。



映画『2012』感想

この映画史上最大級の絶望と恐怖は、ぜひ劇場の大スクリーンで体験してほしいです。

災害パニック映画だったのであまり期待していませんでしたが、
映像が想像以上に迫力があって、観応えは十分。

最近、地震を何度か経験しているということもあって
ホントにこんなことが起こったら・・・と想像しながら
観ると鳥肌が立ってしまいました。

これまで何本か災害映画は観ましたが、この映画は
群を抜いた出来栄えのように感じました。
ハラハラする映画をお探しのときには、迷わずこの映画を観ることを
お勧めします。




Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

読んで頂きありがとうございます。 また読みに来てくれるとうれしいです。 読んでくれる人が多くなれば更新する元気になります。
ブログランキング・にほんブログ村へ 今○○位!
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://plushifi.blog.fc2.com/tb.php/27-100de7ce

まとめtyaiました【2012年ホントにこんなことが起こったら・・・】

映画『2012』太陽の活動が活発化し、地球の核が熱せられた結果、3年後に世界は終わりを迎える―。この驚愕の事実をいち早く察知した地質学者エイドリアンは、すぐに米大統領 主席補

2012-05-20 00:54 │ from まとめwoネタ速neo

まとめ【2012年ホントにこんな】

映画『2012』太陽の活動が活発化し、地球の核が熱せられた結果、3年後に世界は終わりを迎える―。この驚

2012-11-17 11:38 │ from まっとめBLOG速報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。