洋楽が好きでごめんなさい - 『カスの書籍』

『カスの書籍』 ホーム » スポンサー広告 » 音楽日記 » 洋楽が好きでごめんなさい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洋楽が好きでごめんなさい

music

iPodの中身紹介

みなさんは普段どのような音楽を聞いていますか?

僕のiPodの中身は100%洋楽です。
別に日本の歌が嫌いというわけではないです。

小さいころから洋楽を聞いていたので、
日本語の歌詞を聴くと恥ずかしくなる時があります。

外国語ならば、なんとなくの雰囲気で聞けるので、
洋楽ばかりを聞いています。

音楽はメロディーが重要だ」という人からすれば、
僕のiPodの中身に興味を持ってくれるでしょう。



「YOU」という英語は、
「あなた」、「お前」、「君」などの意味があります。
日本語だといろいろな表現があり、
意味も変わってきます。
英語がある程度分かれば「歌詞が重要だ」という人も洋楽を楽しめます。

ボーカルも楽器の一部だと思って聴いてみて下さい。

世界観を広げるには
洋楽を聞くことをオススメします。


それでは僕のiPodの中身を紹介したいと思います。

中身全部だと膨大な量になるので、厳選した3つを紹介します。




The Raconteurs
The Raconteurs/Old Enough

最近、一番聞いているのは、
The Raconteurs(ラカンターズ)です。

彼らの「Old Enough」という曲が特に好きです。
このPVを撮影したのは、オータム・デ・ワイルドというフォトグラファーで、
森の中で鏡を使った撮影は、見てるこっちも幻想的な世界に行けます。

ちなみに彼らの「Consolers Of The Lonely」という曲は
映画「ゾンビランド」の予告編で使われているので、
聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。





Carolina Liar
Carolina Liar/Show Me What I'm Looking For

Carolina Liar(キャロライナ・ライアー)はドラマ「新ビバリーヒルズ青春白書」を
見ていたら本人バンドとして出演していて知りました。

クールな感じを出しながらも、
彼らの描く世界観がとても美しく、
聞いていてとても心地良いです。

比較的聞きやすく、
日本人にも馴染めそうな曲が多いです。





The Afters
The Afters/Never Going Back To OK

The Afters(アフターズ)の曲は
Never Going Back To OKの一曲しか聞かないです。
他にもいい曲はあります。
ただ、この曲だけはふとした時に聞きたくなることがあります。

絶妙なカメラワークのPVは、
見ていてとてもおもしろいです。

日本でいうと、エルレガーデンみたいなバンドなので
好きになる人も多いと思います。



今回はこの3つを紹介させていただきました。
全部YouTubeで見れます。是非チェックしてみて下さい。

まだまだ紹介したい曲はたくさんあるので、第2弾も今度書きます。
洋楽聞かない人は、これをきっかけに聞いて見てください。







Yahoo!ブックマークに登録
Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

読んで頂きありがとうございます。 また読みに来てくれるとうれしいです。 読んでくれる人が多くなれば更新する元気になります。
ブログランキング・にほんブログ村へ 今○○位!
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://plushifi.blog.fc2.com/tb.php/4-2e7a1b21

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。